示談交渉は弁護士に任せるべき

Posted on 2018-07-16

交通事故で被害者になってしまった場合は早いうちから弁護士を味方につけておくことをおすすめします。とくに交通事故の示談交渉においては、相手の加害者側の保険会社のいいなりにそのままハンコを打ってしまうと気がつかないうちに大きな損をしていることもあります。また、治療が終わってないうちに示談を終わらせてしまうと後遺障害などが残った場合にも後からお金を請求することが難しくなります

相談
画像出典元 【交通事故の相談:アディーレ

示談交渉を弁護士に依頼することのメリットとして適正な相場の示談金を貰うことができます。一般的に加害者側が最初に提示してくる示談金というものは相場よりも大幅に低い金額が現状になっています。保険金の支払いを少しでも安く済ませるように交渉することが保険会社の担当者の仕事になっています。そのため被害者が交渉相手になってしまった場合は安い相場で示談をまとめられてしまう可能性もあります。そのため、交通事故被害の専門知識がある弁護士を味方にすることでお金で損をしない可能性が高まります

また、他のメリットとして治療に専念することができることも大きな安心感になります。治療することは非常に大変なことでなかなか精神的にも安定することがないので、弁護士に全て任せてしまうことによってより安心できるようになります。弁護士は示談に必要な書類などを全て代行してくれます。また、示談というものは一度成立してしまうと後からやり直しがきかないので手続きに不備がないようにする必要があります。

示談を弁護士に任せる理由

Posted on 2018-07-14

いざ、車で交通事故に遭ってしまったらどうすればいいのでしょうか。車で人身事故の被害者になってしまった場合は当然加害者側の保険会社に色々賠償金を払ってもらいますが、その時に注意しなければいけないのが弁護士への相談についてです。相手の保険会社の担当者が交渉に訪れてから示談の話をはじめますが、基本的にその時の示談金は相場よりも少ないこともあります。相手の保険会社の公証人は加害者の味方ということを頭において対応するようにしましょう。

弁護士また、一般の人は交通事故の被害に関する知識や示談金や賠償金の相場は知らないのが当たり前です。事故に遭ったときからインターネットで情報を探してもやはり専門の人に追い付くような知識を身につけることは非常に難しいと言っても過言ではないでしょう。

示談の相手が直接示談交渉をすることはほとんどなく、交渉をする相手は、加害者の加入している保険会社の担当員が加害者が雇った弁護士になることがほとんどです。そのようなプロ相手に一般人である人が戦うのは難しいので示談交渉をするときに、インターネットで身に付けた中途半端な知識を披露しても負けてしまいます。そのため、交通事故被害にあってしまい、十分なお金をもらうためには車の示談金に強い弁護士に相談することが重要になります。

人身事故の示談は弁護士に

Posted on 2018-07-10

人身事故もしも人身事故被害に遭ってしまったらどのように対応すればいいのでしょうか。普通に生活しているだけでも常に自分が交通事故の被害者になるかわからないのが現状です。交通事故の人身被害に遭ってしまった場合はなるべく早くの段階から専門家である弁護士に相談することがおすすめされています。このページでは弁護士に相談したほうがいい理由について説明します。

基本的に事故が怒ってしまったあとは相手の保険会社の担当者が交渉に訪れてから示談の話をはじめます。しかし、基本的にその時の示談金は相場よりすくないことがほとんどです。その理由は加害者側からくる保険会社や弁護士の人間は加害者側の味方だからです。そのような相手に素人の人が対抗するのはなかなか難しいと言われています。一般の人がインターネットで交通事故被害や示談金の相場を調べても、交通事故被害の専門知識や実践の知識がないのでどうしても言い争った時に勝てません。そのために、交通事故の被害に対して専門の知識がある弁護士に相談することがおすすめされています。

また、弁護士に相談することのメリットとして治療に専念できるというところも大きなメリットです。自分の治療をしながら示談の話を進めるのは非常に大変なことで、治療中の時間は精神的にも大変な状態なので自分は治療に専念して、示談の内容を進めるのは弁護士に任せることで安心できます。また、精神的にも自分の味方の弁護士がいるというところで大きく救われます。このようにもしも人身事故被害にあったら弁護士に相談することをおすすめします。