示談交渉は弁護士に任せるべき

交通事故で被害者になってしまった場合は早いうちから弁護士を味方につけておくことをおすすめします。とくに交通事故の示談交渉においては、相手の加害者側の保険会社のいいなりにそのままハンコを打ってしまうと気がつかないうちに大きな損をしていることもあります。また、治療が終わってないうちに示談を終わらせてしまうと後遺障害などが残った場合にも後からお金を請求することが難しくなります

相談
画像出典元 【交通事故の相談:アディーレ

示談交渉を弁護士に依頼することのメリットとして適正な相場の示談金を貰うことができます。一般的に加害者側が最初に提示してくる示談金というものは相場よりも大幅に低い金額が現状になっています。保険金の支払いを少しでも安く済ませるように交渉することが保険会社の担当者の仕事になっています。そのため被害者が交渉相手になってしまった場合は安い相場で示談をまとめられてしまう可能性もあります。そのため、交通事故被害の専門知識がある弁護士を味方にすることでお金で損をしない可能性が高まります

また、他のメリットとして治療に専念することができることも大きな安心感になります。治療することは非常に大変なことでなかなか精神的にも安定することがないので、弁護士に全て任せてしまうことによってより安心できるようになります。弁護士は示談に必要な書類などを全て代行してくれます。また、示談というものは一度成立してしまうと後からやり直しがきかないので手続きに不備がないようにする必要があります。